▶ News一覧へ

体験・ご質問等

お気軽にお問い合わせください

☎080-7056-8869

水にこだわる理由は?

出身が新潟県妙高市の温泉街で、キレイな水が豊富だったこともあり、お店で水を購入するという習慣がありませんでした。スキー選手として大学進学の為上京してきたときに、日本のTOP選手たちがこぞって水をこだわって選んでいることが不思議でした。選手によっては100万くらいの浄水器を使っていたり、1.5リットル5,000円くらいの水を買って飲んでいたりする人もいたので、なぜそこまでして水にこだわっているのかを色々調べてみたのがきっかけでした。すると、トレーニングをしていく上で「細胞のエサは水」だと分かり、強くなりたかったらまずは水だと知り得てからこだわるようになりました。 細胞から身体を変えていくことで、疲労が回復しやすかったり、肌質が改善されたりと変化を感じるようになり、競技力向上の第一歩に繋がったと思っています。

行きついたのは「温泉水-trolox-」

色々な飲料水を試してきた中で、浄水水や湧き水というのは確かにキレイな水ですが、温泉水というのは自然の熱を帯びたものであって、大地のパワーを吸収しているようなものだと思っています。温泉の定義とは、湧き出た時に25度以上でなければ温泉とは言えず、それ以下はただの水。 さらに、メタケイ酸などの温泉特有の成分が入っていることも大事です。美の成分と言われるメタケイ酸を含む温泉は、化粧水風呂に浸かっているようなものですよね。 化粧水を外に塗るよりそのまま飲んだ方が美容に良い、と言われているように、温泉水も飲んで摂り入れることで、美容や健康への効果がより期待できます。 加えて、天然で「抗酸化物質」を含む温泉水が他に類を見ないというのもtroloxの魅力のひとつに感じています。

「trolox」を飲んでみて、どう?

まず、病気をしなくなりました。特に夏場では夏バテしやすい体質でしたが、気にならなくなりました。また、1日16時間仕事をするということもあり、アスリート現役時代に比べて活動している時間は増えましたが、その中でも健康状態を保てているのを実感しています。東洋医学の健康チェックでは舌の色を見たりしますが、添加物の摂りすぎや胃の疲れで、舌は白く変色してしまいます。そういう状態の時にtroloxを飲むと特に甘く感じるのが分かり、面白いです。疲労が溜まっているなと感じるときや、添加物・人工甘味料の過剰摂取をした時にtroloxを飲むと、健康チェックになりますね。 pH値が9.7のアルカリ度の高いtroloxを飲むことで身体をアルカリ化させるみたいな、セルフコンディショニングとしてもなるべく飲む様にしています。アルカリ度が高い他の飲料水と比べても、troloxほどの口当たりの柔らかさは珍しいと思います。

最後に、troloxに期待することは?

自分の身体に入れるものは、なるべくオーガニックで細胞レベルまで拘りたいと考えています。健康を語るときに欠かせない水であれば、浄水器で水道水をろ過したものではなく、自然に湧き出ているものを積極的に摂取したいです。 私自身「人の未来を変える綺麗な細胞作り」をテーマに、シニアから始められる運動「スティックサイズ」を開発しました。美味しい水での健康維持はもちろんのこと、細胞の為の良質な水troloxをきっかけに、一生涯の健康管理に向き合うお手伝いができたら幸いです。 自信を持ってお勧めできるお水と出会えたご縁に感謝しつつ、多くの方に広めていきたいと思います。