ブログ

年末ご挨拶

投稿日:2020年12月30日

〜進化が求められた2020年〜
●開業後1年で迎えた、緊急事態宣言
我々ベンチャー企業は、企業体力も貧弱で、その中での緊急事態宣言による休業要請は、まさに死刑宣告そのもの!!
我々はお客様のおかげで、生き残ることができていますが、志半ばに事業をたたむ仲間の連絡が入るたびに、明日は我が身の思いで兜の緒を締め直しました。
ある日、経営者のお客様から、「ベンチャー企業でこのコロナショックを経験できるなんて、小島さんは強運だね!」と、お声掛け頂きました。
視野が狭くなる中で、俯瞰して物事を見る事ができ、新しい攻めに転ずる事ができました。
●変わるフィットネス業界
巣ごもり、無料動画、フィットネス、が流行った2020年、分かってしまった事は、筋トレ、ヨガは家で無料でできてしまう…ということ。
教科書丸読みの、単純な数を数えるだけの運動指導は、無料コンテンツと同等の扱いとなり、そのレベルのサービスは淘汰されました。
運動×〇〇のように、エッジを効かせていかないと生き残れない時代が本格スタートしました。
●新潟事業スタート
地元新潟でスティックサイズ 事業をスタートしました。
まだテストの段階で、店を構えた本格的なスタートはコロナが落ち着いてからになりそうですが、東京本店を中心に、予防医療の最前線で活躍するスティックサイズ サービスをご提供できる日に向け、準備をしていきたいと思います。
●大和郷本店
良いコンディションを保つ実践を誰よりも入念に行うのはアスリート。
ここで形成された哲学や技術は、机上では学ぶことのできない産物です!
私はアスリート出身のプロトレーナーとして、ここに非常に魅力と価値を感じています。
このような、こだわりと哲学を持った変態トレーナーが集まる場所がスティックサイズジムです。
2021年も沢山の科学反応を起こし、健康イノベーションを起こしていければと思っています!!
● Traditional way of thinking
私は、コロナに感染したら、その人を真っ先に心配します。当たり前の行動だと思いますが…
コロナ感染者を差別して、石を投げて、自殺に追い込むなど…文明は進化しているのに、日本には、室町、江戸時代から何も変わらない遺伝子が存在していました。
●チャンスを見逃さない
現場最前線にいると、ビジネスチャンスに気がつく可能性はグンっと上がります!
ネット上には、出所も内容も、信頼できない情報が溢れかえっています。
物事を自分の脳内で真剣に考えて答えを出すには、最後は現場を見ての直感だと思いました。
考え抜いて解を導き出せる企業は強いです。
デジタルとリアルの融合で、2021年皆様のお役に立てれば幸いです。
最後に、ジムの御利用、スティックサイズ に関わってくださった皆様、1年間有難うございました。
良いお年をお迎えください。
スティックサイズ 代表
小島佑司

-ブログ

執筆者:

関連記事

【店頭から楽しく♪】

https://stickcise.com/ 1対1の個別トレーニングのため、なかなか店内に入りずらかったり、ジム内の様子が分からずらいところもあるかもしれません。 というわけで 店頭には …

渋沢栄一記念財団 機関誌掲載

『「幸福寿命」を目指すスティックサイズ』というタイトルで、代表小島が高齢者の為のエクササイズ「スティックサイズ」を創り上げるまで、そしてこのエクササイズにかけた想いを綴らせて頂きました。 まだまだ若輩 …

『タウン誌巣鴨』健康ページ連載スタートのお知らせ

巣鴨で愛される『笑顔をつなぐタウン誌 すがも』では、7月号から「こじマッチョの健康手帳」が始まりました。 ※健康のプロ 「こじマッチョ」こと小島佑司が毎月連載記事を書きます。 豊島区の方から寄せられる …

no image

タウン誌すがも2月号🦆

2月号では厚底シューズについて解説させて頂きました💡 「靴による身体の影響をそこまで深く考えたことがなかった!」との感想も頂いております🥾 ブログでも詳しく解説させて頂いておりますので、ぜひそちらもご …

コロナウイルス・バスターズ

代表小島が運営代行させて頂いているシニア向けコロナ対策のためのボランティア活動「コロナウイルス・バスターズ」 こちらの活動にご協力頂いた先生がジムにお越し下さいました♪ もともと健康意識 …